HOME>トピックス>給湯器が故障したら!すぐ業者に依頼しよう

給湯器が故障したら!すぐ業者に依頼しよう

修理

給湯器が故障する原因

突然故障すると困るのが給湯器。リモコンにエラーがでたり、水しか出なくなったりといろんな不具合が起きてしまいます。壊れる原因は一体なんなのでしょうか。給湯器が壊れる原因は、いくつか考えられます。最初に断水や凍結を疑ってください。断水の場合は、お湯どころか水も使えません。凍結してしまったときは、電源を切って氷が溶けるまで待つのが最善です。使用期間10年以上の給湯器は、寿命がきて動かなくなっています。この場合は、給湯器の交換を業者に頼むのがオススメです。ほかにも故障の原因は様々ありますが、まずはどのような状態になっているのかを確認してください。故障の原因によって対処方法が変わり、場合によっては業者へ依頼しましょう。

給湯器

どういう箇所が壊れやすいのか

給湯器は長期間使うとだんだん故障が多くなってきて、寿命を迎えます。それに加えて、負担が多くかかる部分は故障しやすいです。給湯器を使うとき、リモコンをよく使います。指で同じ場所ばかり押したり、強く押したりするとボタンが故障してしまいます。リモコンごと交換しなければならなくなるので、リモコンはやさしく扱いましょう。また、給湯器本体のパッキンや水とお湯が通る配管は劣化を起こしやすく、水漏れに繋がる危険性があります。更に、水漏れすると漏電して大変危険です。給湯器にホコリがたまって基盤がエラーを起こしている場合もあります。本体の故障の場合は、自分では対処できません。業者に頼んで交換してもらうのが一番よいでしょう。